神職には階級みたいなものがあるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

スポンサードリンク

神職には「職階」、「階位」、「身分」があります

 

神社で神事に携わる人たちの総称を「神職」といいますが、一般的には「神主」とも

呼ばれています。

 

「神主」は「古事記」や「日本書紀」にも登場する古い言葉で、奈良・平安時代には神職の長を

意味していましたが、現在では「神職」と同じような意味で使われています。

 

またかつては「神官」という言葉もありましたが、現在は使われていません。

 

神職には階級を示す「職階」、資格順位を示す「階位」、さらに「身分」というのが

あります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

職階の役職

 

「宮司(ぐうじ)」→ 神社の責任者で一般企業の社長にあたる役職。

「権宮司(ごんぐうじ)」→ 宮司を補佐する役職で、神社によってはない場合もある。

「禰宜(ねぎ)」→  権宮司のいない神社では宮司を補佐する役職。

「権禰宜(ごんねぎ)」→  禰宜を補佐する役職。神社によってはない場合もある。

「出仕(しゅっし)」→  神職見習い

 

宮司と禰宜は一神社に一名が原則となっています。

 

権宮司や権禰宜の「権」は「副」や「仮」といったニュアンスがあります。

 

神職の階位

 

神職の階位は実際には資格化されています。

 

浄階(じょうかい) →階位の最高位で、長年神道の研究に貢献したものに与えられる名誉階位。

明階(めいかい)  →伊勢神宮以外の特別な神社の宮司・権宮司になるための階位。

正階(せいかい) →特別な神社の禰宜や宮司代務者になるために必要な階位。

権正階(ごんせいかい) →一般神社の宮司や宮司代務者、特別神社の権禰宜になるために必要な階位。

直階(ちょくかい)  → 一般的な神社の禰宜や権禰宜になるために必要な階位。

 

神職の身分

 

神職の身分は特級・一級・二級上・二級・三級・四級に分かれていて、経歴・功績等をもとに

神社本庁で決められます。

 

また神職の服装はこの身分によって定められています。

 

例えば袴(はかま)の色では、特級=文様入りの白、一級=文様入り薄紫、二級上=文様入り紫

二級=文様なし紫、三・四級=文様なし浅葱(あさぎ)色・(水色っぽいのもある)

 

職階・階位と身分の関係性

 

神職には職階・階位・身分といった階級が三つもあり、お互いの関係性が複雑で、ちょっと

わかりにくいですね。

 

階位と身分の関係は別の制度ですが、ざっくりいって浄階は一級以上、正階は二級上か二級以上の者

でなければ任命されません。

権正階は三級、直階は四級といったところです。

 

職階と階位の関係は特別な神社の宮司・権宮司は明階以上の者、特別な神社の禰宜は正階以上、

一般神社の宮司及び特別な神社の権禰宜は権正階以上、一般神社の禰宜以下は直階以上、

宮司代務者は特別な神社では正階以上、一般神社では権正階以上の階位を持つものと定められて

います。

 

複雑すぎて職階・階位・身分の関係性は一度読んだだけでは理解できないですね。

 

スポンサードリンク