七五三は11月15日に行わなければいけないの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

スポンサードリンク

七五三は11月15日でなくてもOK!?

 

毎年行われる七五三は11月15日という決まりはなく、その日が縁起の悪い日なら

他の縁起の良い日に振り替える人が多いようです。

 

一般的には中国から伝わり日本でアレンジされた六曜(ろくよう)が目安にされます。

 

六曜は「大安(だいあん)」、「友引(ともびき)」、「赤口(しゃっこう)」、「先勝(せんしょう)」

先負(せんぶ)」、「仏滅(ぶつめつ)」の六種類あり、月の1日から末日まで決まった順番で

割り当てられる曜日のようなものです。

 

大安は大安吉日といわれるように、六曜の中で一番良い日とされ、七五三には最適の日でしょう。

 

友引は友を引くとされ、慶事においては大安に次ぐ吉日とされ、この日も七五三のお祝いに選ぶ人が

多いようです。時間的には朝夕が吉、昼間が凶とされています。

 

先勝は先回りして行動を起こすことが吉とされ、時間的には午前中が吉、午後が凶となり、七五三の

お祝いは午前中が良いとされています。

 

先負は先勝とは逆で、急いで何かを行うことは凶とされ、午前中は凶、午後は吉となるため、

七五三のお祝いは午後が良いとされています。

 

赤口は午の刻にあたる11時から13時頃が吉とされ、その他の時間帯は凶といわれています。

そのため七五三には適しているとは言えず、もし行うなら吉とされる11~13頃の時間帯

が良いでしょう。

 

仏滅は時間帯に関係なくその日の慶事は避けたほうが良いとされる日で、七五三のお祝いは

別の日に検討したほうが良いでしょう。

 

七五三のお参りシーズンには有名な神社仏閣では行列ができるほど混雑しています。

 

子供の健やかな成長を祈願する行事という意味を理解すると、きちんと七五三詣りをして

おきたいというのが親心なのでしょう。

 

家庭によっては六曜を迷信として気にせず、混雑を避けるため仏滅でも七五三詣りを

行うところもあるようです。

 

また、11月中にどうしても都合がつかない場合や、東北・北海道などの寒い地方は気候のいい

10月に七五三詣りを行うこともあるようです。

 

吉日かそうでないかは気持ちの問題で、気にしなければなにも問題ないようです。

 

 

スポンサードリンク